トップページ > 子供の歯の治療

子供の歯の治療

子供の歯の治療

一生使える永久歯をきちんとつくるために。先を見て、今すべき治療を考えます。

虫歯だから削って詰める。そんな単純な治療を当院では行いません。
大切なのは歯並びがよく、ずっと使える永久歯にしてあげること。
そのためには、虫歯であっても予防的な処置にとどめ、経過観察をした方がいい場合が多々あるのです。
歯は一生ものだから。当院では長期的な視野で小児歯科を行っています。
虫歯の治療

削ってつめるだけではありません! 永久歯への影響を考え、予防処置等で経過をみることもあります。
長い目で見て、今できることを取り組みます。

噛み合わせの治療

歯並びだけではなく、咬み合わせも子供の将来にとって、とても大切です。
詳しくは 矯正治療のページ をご覧下さい。

予防治療

永久歯の虫歯ゼロを目指し、フッ素やシーラントなどの予防処置を行います。

● お子さんが泣き叫びそうで心配な方

大丈夫です。当院では、できるようになるまで少しずつできることからはじめますのでご安心下さい。泣いちゃっても最初は仕方ありません!
いっしょに頑張りましょう。最後はみなさん笑顔で終わっておられます。

● シーラントとは?

生えたての6才臼歯に、まずレーザーを照射して歯の表面を強化し、その上からフッ素の入ったシーラント剤を歯の溝に流し込みます。
通常1~2年間シーラント剤がついていればOKです。いずれ自然にはがれてきます。

● シーラント(虫歯の予防)の流れ

1 ブラシでよく磨きます。

1

2 レーザーで殺菌します。

2

3 シーラントを付きやすくする薬をつけます。

3

4 溝に合わせてつけていきます。

4

5 シーラントを流し込みます。

5

6 専用の機器を使って、光で固めます。

6

7 出来上がりです。

7

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ページトップへ