歯の治療・予防について

● インプラント

インプラントとは、虫歯や病気などで歯を失ってしまった時、その歯の無い所に人工の歯を入れる1つの治療方法です。歯肉の内部にある顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。
チタンは3ヶ月 ~6ヶ月で骨と直接結合する性質があるため、より自然の歯に近い噛み心地と美しい歯を手に入れられる治療法と言えます。

● インプラントの長所

インプラントは骨にしっかり結合していますので、硬い食べ物でもしっかり咬むことができます。食べ物が入れ歯の下に入り込んだり、ずれたりする心配が全くありません。天然の歯のようにおいしくお食事を楽しむ事ができ、嫌な臭いがする心配もありません。

  • 顎にしっかり固定されているので違和感なく噛むことができる。
  • 隣の歯を削るなどの影響がない。
  • 顎の骨がやせにくい。
  • お手入れをしっかりする事でかなり長持ちする。

● インプラント治療ご希望の方は

治療フロー

● インプラント治療の流れ

1 内科診断書(成人健診レベル)が必要です。
3ヶ月以内でOK。MAX6ヶ月前までの診断書でOKです。
矢印
2 初期検査(予防の予約でおとりします)
・内科診断書確認
・写真撮影
・各種レントゲン撮影
・事前診断
・料金の確認
・処置日の決定
矢印
3 インプラント手術
まず、手術で歯肉を開きます。
矢印
4 インプラント挿入
あごの骨にインプラントを挿入します。
矢印
5 翌日に消毒をします。
矢印
6 1週間後に抜糸
矢印
7 1~4週間後、仮歯製作
矢印
8 約2ヶ月後以降、最終的なかぶせ物の印象
2ヶ月~4ヵ月後、アバットメントを取り付けます。最終的なかぶせ物の型をとります。
矢印
9 かぶせ物の仮装着
かぶせ物を仮止めし、1週間様子を見ていただきます。
矢印
10 約1週間後に装着
歯を取り付けて治療終了です。

インプラントはメンテナンスが非常に大切です。
定期健診でインプラントの周囲を徹底して清掃し、インプラントが少しでも長くもつようにしましょう。

ページトップへ